​圧着工具対応表
端子メーカーごとに、端子がどの圧着工具に対応しているかを調べることができます。
​ボタンを押して端子メーカーを選択してください。
 
JST 日本圧着端子
​ダウンロードはこちら
JST日本圧着端子の対応表
JST 対応表 (1).jpg
JST 対応表 (2).jpg
JST 対応表 (3).jpg
JST 対応表 (4).jpg
JST 対応表 (5).jpg
JST 対応表 (6).jpg
JST 対応表 (7).jpg
JST 対応表 (8).jpg
JST 対応表 (9).jpg
JST 対応表 (10).jpg
JST 対応表 (11).jpg
JST 対応表 (12).jpg
JST 対応表 (13).jpg
 
Molex
​ダウンロードはこちら
Molexの対応表
Molex 対応表 (1).jpg
Molex 対応表 (2).jpg
Molex 対応表 (3).jpg
Molex 対応表 (4).jpg
Molex 対応表 (5).jpg
Molex 対応表 (6).jpg
 
​ダウンロードはこちら
TEの対応表
圧着端子表 TE-1.jpg
圧着端子表 TE-2.jpg
 
​ダウンロードはこちら
HRSの対応表
圧着端子表 HRS.jpg
 
JAE 日本航空電子
​ダウンロードはこちら
JAEの対応表
圧着端子表 JAE.jpg
PA-09.PT03.jpg

​お手元に端子がある場合①

圧着工具選定方法-01.jpg

●バレル幅を測定し、適合するダイスを選定します。

 

1.対象の端子のバレルを平行に矯正します。

ラジオペンチなどで、圧着する部分(バレル)を平行に整えます。

 

2.対象の端子のバレル幅を測定します。

画像の「測定面」の通り、バレルの外側を芯線バレル、被覆バレルそれぞれ測定します。

PA-09.PT03.jpg

​お手元に端子がある場合②

圧着工具選定方法-02.jpg

3.測定した数値を元にダイスを選択する。

出た数値と同じまたは少し大きいサイズのダイスで圧着します。

例:出た数値が0.9mmなので1.0mmで圧着可能。

 

4.「1.0」のダイスが搭載されている工具を選びます。

詳しくは下記対応工具一覧をご覧ください。

※ダイスが小さい、大きすぎ、などが原因で圧着不良が起こることがございますのでご注意ください。

 

​ダイスサイズ一覧表

圧着工具 ダイスサイズ一覧.png

表をダウンロード

​(PDF)

PA-21.PT03.jpg

バレルが長い端子を圧着したい場合